トップ

保湿に重要エラスチン

エラスチンのメカニズム

保湿に必要エラスチンとは

年と共にハリがなくなり、たるみが気になっている方も多いのではないでしょうか。このたるみの原因はエラスチン不足かも知れませんね。年だからといって諦めず、たるみに悩んでいる方はエラスチンで保湿しましょう。

エラスチンは、コラーゲンやヒアルロン酸と同じように真皮にある成分で、弾力性のあるたんぱく質です。ゴムのように伸び縮みします性質を持っています。真皮、血管、靭帯の中で弾力や伸縮が必要とされる場所にあるのです。

真皮の約70%はコラーゲンで網の目のように張り巡らされています。その網の目を結びつけるように支えていて、ハリの元となっているのは弾性繊維とも呼ばれるエラスチンです。

真皮全体においては約5%とわずかなのですが、コラーゲン同士を結びつける重要な役割があります。また、エラスチンは800個以上のアミノ酸で作られています。お肌にはコラーゲンやヒアルロン酸が重要だと知られていますが、このようにエラスチンも共にとても大切なのです。

・真皮の中のエラスチン
人間の皮膚は表面から、表皮、真皮、皮下組織の三層構造になっています。この真皮にコラーゲンが満ちていて、エラスチンがそのコラーゲンを支え、その隙間をヒアルロン酸が埋めることで、お肌は水分に満ちてハリ、弾力がある状態になります。

コラーゲンやヒアルロン酸だけでは、お肌はハリを保つことが出来ません。エラスチンには保湿力もありますので、化粧水で保湿することで角質層を水分で満たしてくれます。たるみが気になる時にはエラスチンで保湿することで、そのハリや弾力が改善します。


種類豊富なエラスチン



エラスチンには様々な種類があります。哺乳類では牛や豚から摂ることができますが、豚の大動脈血管からは人間のアミノ酸に近いエラスチンのため大きな効果も期待できます。

また魚由来ではマグロやカツオなどの動脈球から摂ることができます。哺乳類由来も魚由来も化粧品や健康食品によく使用されています。

そして、哺乳類由来、魚由来以外に人間が体内に持つ天然のアミノ酸を組み合わせて作られた、エラスチン由来ペプチドというものもあります。これは化粧品や健康食品だけではなく、医療用材料として細胞シートや人工血管、医薬品にも期待されている成分なのです。